オールセラミックコラム

歯が抜けた・欠損歯の治療・修復方法


欠損歯

欠損した歯はどうしよう

歯が欠損する理由は年齢とともに抜けてしまう場合や、事故、先天的に歯が生えて来ない方等様々です。
多くの場合はブリッジと呼ばれる連結をした歯で補う事が可能であり、奥歯であっても治療が可能です。

ブリッジ治療自体は保険治療でも行なわれている程ポピュラーな治療ですが、保険治療と自費診療では使用できる素材に違いがございます。
インプラント等に比べて成功率も高く、掛かる時間が短い事や費用が安く済む事から欠損されている場合の治療では最も人気がございます。

ブリッジの治療

図のように真ん中が欠損している部分を両隣の歯と繋げて作成し、歯が有るように見えます。
欠損している歯は歯茎と触れるか触れないかのところで嵌ります。あまりにも欠損している歯が多い場合には噛む事も難しい場合もございますが、一般的には噛む事が出来る治療方法です。

保険と自費の判断

欠損歯が多い場合にもブリッジでの治療は可能ですが、保険治療ではある程度のルールが決まっております。
欠損歯の位置や本数によっては支台歯の本数を多くしなければいけなく、それを患者様の希望により削る本数を少なくしないといけない場合に強度が足りないと言う判断となった場合には自費となります。
その他にも材質によって保険か自費かの判断がございます。

保険と義歯の素材の違い

保険と自費の材質の違い

前歯で糸切り歯(3番目)までのブリッジは支台歯に被せる冠と欠損歯の宙に浮いている歯を金属で一体で作り、表面をレジン(歯科用プラスチック)で覆います。
レジンは変色しやすいのと、透明感が無いため審美的にはオールセラミックよりかなり劣ります。
それより奥(4番目以降)はレジンでは強度が不十分なため、金属製となり白く有りません。
また、3番目と4番目にまたがるブリッジの場合にも途中までプラスチックと使うということは出来ないため全て金属製になります。

※画像は一般的な例です。口腔内の状況や症例によっては変わる事もございます。

 

自費診療の場合は歯科用として製造されている素材であれば好きなものが選べます。 最近ではセルコン・ジルコニアやIPSe.max等のオールセラミックが人気が高く、保険の白い歯(レジン)と違い、人の歯と近い自然で綺麗なものとなります。

ブリッジでの治療方法

ブリッジの治療は下の図のように行ないます。

当社治療費一例:3本で治療を行なった場合に190,000円程度となります。(セルコンジルコニアブリッジ3本、仮歯3本、基本技術料)
治療期間:1〜1ヶ月半程度

 

1.欠損している両隣のは歯を削り、支台歯を形成致します。
 ※形成する歯の本数は欠損している本数により増える事もございます。

2.欠損部の歯茎を含め、型取りをしぴったりと合う歯を作成致します。

3.装着をし完了です。

前歯ブリッジの流れ

 

奥歯の場合も同様です

奥歯ブリッジの流れ

一番奥の歯が欠損している場合は…

ブリッジの場合は基本的には両サイドに支台歯が有る事が望ましいですが、一番奥の場合はそもそも片側にしか歯が無いため 通常のブリッジでは作成できません。 しかし、遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)という方法を使用する事により、治療は可能な場合もございます。

遊離端ブリッジ

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)とは

片側にしか支台歯が無い場合に、片側のみを支台歯にし、欠損部を片釣り状態にする方法です。
図が分かりやすいかと思いますので、ご覧下さい。
ただし、強度の問題で片側を2本分削り支台歯にする必要が有ることと、欠損部の義歯を箇所を強く噛みすぎるとてこの原理で通常のブリッジと比べ外れやすくなります。