オールセラミックコラム

八重歯・叢生の治療・改善方法


出っ歯の悩み

八重歯はそのままでいいのか?

八重歯は叢生のひとつとされ、主に「歯牙が叢生した状態、特に上顎犬歯の低位唇側転位の状態」を指します。
簡単に言えば上の犬歯(周り)がずれて生えている事です。
日本では八重歯は可愛い等と言われておりますが、それは歯が尖っているくらいの程度がかなり低いもので、前後にずれているものは見栄えとしても良く有りません。
それどころか叢生や八重歯は歯ブラシの毛が届きにくく、汚れが残ったりするため清潔感に欠けます。口臭等もきつくなります。

欧米では悪魔や吸血鬼のような歯として、中国でも虎の牙と呼ばれて大変不吉なものとされています。
また、海外では歯並びは重要視され子供の頃に歯並びを治す事が多いため、大人になっても歯並びが悪い人は歯を治せないくらい貧しい人として見られます。

そんた、多くの方がもっているコンプレックスですが、治療は可能です。

大人になったのであれば清潔感のある綺麗な歯にしたいですね。

八重歯・叢生も程度によって治療方法が様々です。弊社でよくある治療方法を2種類ご紹介させて頂きます。

八重歯

1.程度が低く、歯の上下や前後のずれがあまり無い方

図のように少し外に向いていたり、内側に入っている程度の方の治療方法となります。
大幅にずれている様な方では位置やスペースの問題でこちらの方法では厳しいです。

当社治療費一例:4本で治療を行なった場合に221,000円程度となります。(IPS e.amx4本、仮歯4本、基本技術料)
治療期間:1ヶ月半〜2ヶ月程度

①対象となる歯を削り、支台歯を形成致します
(向きや位置がさほどずれていないため、支台歯として使用が可能です。)

②型取りをしぴったりと合う歯(単冠)を作成致します

③装着をし、完了です

八重歯の治療の流れ
叢生

2.程度が高く、歯の上下や前後のずれが大きい方

図のように一部の歯が奥に入っていたり、歯が大きくずれていたりする場合にはそのまま支台歯にすると歯が重なってしまったり、飛び出る可能性があるため大きく改善が望めません。
その場合には2番を抜歯しブリッジと呼ばれる繋がった歯にて作成をすることでキレイな歯並びにする事が可能です。

当社治療費一例:6本で治療を行なった場合に355,000円程度となります。(セルコンジルコニアブリッジ6本、仮歯6本、基本技術料)※抜歯代は含まず
治療期間:3月〜4ヶ月程度

 

①形状作成の際に邪魔になる歯を抜歯し、両隣の歯を形成致します。
(図の場合は3番。※抜歯する歯は状況によっては変わります。)

②型取りをしぴったりと合う歯(ブリッジ)を作成致します。

③装着をし、完了です。

ブリッジ治療自体は保険治療でも行なわれている程ポピュラーな治療で、ワイヤー矯正治療に比べて掛かる時間が短い事や費用が安く済む事から八重歯の治療では人気がございます。

重度の出っ歯の治療の流れ

八重歯の治療は…

清潔感や社会的な評価から治される事をお勧め致します。
恋愛においては「八重歯が好きな人」は多少はいるかと思いますが、「八重歯だから選ぶ人」はほとんどおりません。
恋愛をしていくにつれて相手との距離が縮まると八重歯の汚れや口臭に気づかれてしまいますよ。
なので、治してキレイな歯並びになることは恋愛においては絶対にプラスです。