被せ物や詰め物に使用する素材には種類が幾つか有り、今主流なのはオールセラミックになっています。

でも一概にオールセラミックと言っても、実は何種類もあるのです。
この記事ではそのオールセラミック製の歯についてわかりやすくお教え致します。

まずセラミックとは


セラミックというもの自体は歯だけに使用されるものでなく、日常的に良く使用されています。
いちばん身近なものだと、お皿やコップなどの食器に使われており、要するには陶磁器などの無機質を焼き固めた焼き物なのです。
なので当然、オールセラミックも最終的に焼き上げ固めます。
そうすることで水分に触れても劣化がしにくいキレイな歯になるのですね。

ちなみにオールセラミックの一つであるジルコニアというものは材質自体が人工ダイヤモンドに非常に近いもので出来ております。

セラミック製とオールセラミック製の違い


「セラミック」と「オールセラミック」は歯科の現場では近い意味で利用されることがありますが、実は若干違います。
歯医者では似たような言葉が飛び交いますが、注意が必要です。
"オール"セラミックだと思っていたらセラミックと金属が混ざっているものだった、と相談をされてくる患者様も少なくないのです。
この微妙な違いをお教え致します。

セラミック製の大きなグループの中の1つがオールセラミック


図のようにセラミック製という大きなグループの中に「オールセラミック」「メタルボンド」「ハイブリッドセラミック」というのが含まれています。
一部でもセラミックを使っていたらセラミック製とみなされるわけですね。

オールセラミック製

その名の通り「全てがセラミック」で出来ており、間違いなく金属やプラスチックが使用されておりません。
こちらを選択するべきです。

セラミック製

一部でもセラミックが使用されていればセラミック製となります。
例えば、金属と混ざっていてもセラミック製といって嘘はありませんし、プラスチックと混ざっていても嘘ではありません。
セラミックと金属を組み合わせたメタルボンドや、セラミックとレジンを組み合わせたハイブリッドセラミック(ハイブリッドレジン)もセラミック製と言う訳です。

セラミックは一番大まかなくくりと言う訳なので、オールセラミックもここに属すので、半分正解と言う訳です。

オールセラミックの大まかな特徴


オールセラミックは全てセラミックから出来ているので、審美的にも健康にも優れていると言われております。

オールセラミックは人間の天然歯の象牙質やエナメル質を模して作成できるため審美的にとても優れ、自然な透明感やグラデーションとなっております。
そのため、審美的に最高と言われており、可能な限りオールセラミックでの治療が望ましいです。
(※ただし、後述の削りだしのものは要注意が必要です)

金属を土台としたメタルボンドも表面はセラミックで出来ておりますが、やはり金属が透けてくることや、金属が歯茎に触れることで黒ずみが起きる事がございます。
また、ハイブリッドセラミックのようなプラスチックが混ざっている歯のように変色をしたりする事もございません。
(※オールセラミックも歯磨き等のメンテナンスをしないと表面に汚れはつきますのでご注意)

奥歯やブリッジなどの強度を必要とする箇所でも、セラミックの一つのジルコニアは強度が高いため使用が出来るようになってきており、余程特殊な症例を除いて、ほとんどの治療がオールセラミックでまかなえるようになっております。

オールセラミックの主要メーカー

オールセラミックというのは素材に対する総称で、様々な種類やメーカーが出しております。
少し専門的な言葉もありますが、イメージで伝わるものと思います。

IPS e.max


IPS e.maxはガラス系のセラミックであり、そのイメージから伝わるように透明感があり非常に綺麗な歯です。
e.maxの最大の特徴は一部をコンピューターで作り、重要で繊細な作業を人の手で行う事で高品質な歯を安定して比較的安価に製作が可能となった画期的なセラミックです。

制作できる種類


IPS e.maxは主に前歯の単冠に使用します。。少ない本数の連冠であれば再作画できるな事もございます。
ブリッジの製作は強度の問題から出来ない事が多いですが、インレー・ラミネートベニアは作成が可能です。

ジルコニア(セルコン)


ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれ固さと美しい素材となっております。
ただし、ジルコニア単体では審美性に劣るため、表面に別のセラミックを盛り付けることが主流となっております。
当社の場合はセルコン製のジルコニア+IPSe.maxで製作いたします。

制作できる種類


ジルコニアではクラウンとブリッジの製作は出来ますがインレーとラミネートベニアは作成が出来ません。

レイヤリング法とステイン法(削りだし)の種類があることに注意


オールセラミックにも制作方法が大まかに2種類あり、「何種類かのセラミックを層にしているもの(レイヤリング法)」と「単一の材料だけでできているもの(ステイン法・CAD/CAM)」があります。

何種類かのセラミックを層にしているもの(レイヤリング法)


レイヤリング法と呼ばれる技法で、図のように芯となるセラミックの上に、透明度の違う別の種類のセラミックを重ねることで天然歯に近い質感、象牙質やエナメル質を再現します。
いちばん重要な工程を専任の技工士が手作業で作るため、手間をかける分、審美性が高いというわけです。
※弊社で採用しているセラミックは基本的にこちらのタイプになります。

単一の材料(CAD/CAM・ステイン法)


「CAD/CAM冠」などや「ステイン法」と呼ばれ、単一のセラミックの塊から削りだして製作します。
工程が少ないので早く、低コストで製作ができますが、単一の素材のため透明感などはあまりなく、天然歯の質感を再現することはできません。
格安で販売され、医院で即日できると謳っているものはこちらを採用していることが多いのですが、様々な名称で出しているので分かり辛いのが実際です。

当社はオールセラミックでレイヤリング法


Japan Dental Frontierのオールセラミックは紛れもなく、全てセラミックでできており、かつ審美性に優れたレイヤリング法を使用しております。
そのオールセラミックが、前歯用のIPS e.maxで1本47,000円、前歯奥歯用のジルコニアが1本50,000円と大変低価格です。(基本技術料は一律25,000円)
専門のカウンセラーがお客様の口腔内に併せてアドバイスをさせていただきますので、歯医者が苦手な方でも是非ご利用ください。

サービスの詳細は下記のバナーをクリックし、サービスホームページよりお問い合わせください。

おすすめの記事