IPS e.max(アイピーエス イーマックス)はジルコニア同様にオールセラミックの一つです。
IPS e.maxとは製品名であり、ジルコニアのように素材名ではないですが、歯科業界では非常に知名度の高いオールセラミックです。

IPS e.maxとオールセラミックの関係


IPS e.maxはオールセラミックの一つであり製品名です。
画像のようにオールセラミックの括りの中にIPS e.maxがあるものと考えてください。

IPS e.maxの材質の特徴


素材自体はガラス系のセラミックで、透明感があり歯科で天然の歯のように自然な美しさを再現でき日本国内で最も人気のあるセラミックです。
IPS e.maxでなら患者個々の症状に合わせた、非常に高いの審美性と安定性で歯科の被せ物をすることが可能です。
審美性の高さから通常は前歯に使用する場合は十分な強度を備えています。

先程は製品名とお伝えしましたが、実はe.maxは歯科補綴物の作り方(システム)の総称で、材料名というよりは機械や義歯設計用の機械等も全て含まれています。
e.maxの特徴的なところは、CAD/CAMというコンピュータによる義歯設計を組み込み、重要となる繊細な作業は人の手で作成する事。それにより高品質な美しい歯を比較的安価に製作が出来る事に有ります。

IPS e.maxの作り方の違い


一概にIPSe.maxといっても作り方によって品質に差はございます。
特に審美的には大きな差が出てくるので、綺麗にしたい人は注意が必要です。
審美的な目的で前歯を治したい方は「レイヤリング法」であるかを医院へ確認することをおすすめします。

※インレー・ラミネートベニアについては制作方法が異なります。

レイヤリング法


セラミックでフレームを作成し、その上に何層かに分けて別のセラミックを重ね焼き付けた後、仕上げにステイン材を塗ります。
その為、人の天然歯の象牙質やエナメル質などの透明感と質感を再現できるので、天然の歯にとても近い美しい歯に出来上がります。
当社サービスでは通常こちらを使用します。

ステイン法


フレーム用の素材を削りだし歯の形を作り、すぐ上にステイン材を塗り歯の色を付けます。
削りだすことによってレイヤリング法に比べて多少は固く出来ますが、その反面、1種類しか材料を使用していないため透明感などの自然な質感が劣ってしまいます。のっぺりとした質感になってしまうので、あまり前歯にはオススメ致しません。
当社サービスでは例外を除き使用しません。

IPS e.maxで製作が出来る種類

  • ◎クラウン
  • ✗ブリッジ
  • ◎インレー
  • ◎ラミネートベニア

IPS e.maxは主に前歯、そして単冠での作製となります。
2本程度の少ない本数であればつなげて作ることも可能な事もございます。
しかし、強度の問題からブリッジとしては作製出来ない事が多いです。
小さな加工がしやすいので、インレー・ラミネートベニアは作成が可能です。

IPS e.maxでよく利用されている症例

特に前歯の治療でよく利用されています。
複雑でない出っ歯や歯並びの治療によく利用されています。

歯並びが悪すぎる場合には繋げた歯で治療をすることになるため、IPSe.maxでは治療できない場合がございます。

当社のIPSe.maxはキレイなレイヤリング法


Japan Dental FrontierのオールセラミックのIPS e.maxは審美性に優れたレイヤリング法でできております。
通常、レイヤリング法になると高額になりがちですが、弊社では1本47,000円と大変低価格に押さえております。(基本技術料は一律25,000円)
専門のカウンセラーがお客様の口腔内に併せてアドバイスをさせていただきますので、歯医者が苦手な方でも是非ご利用ください。

サービスの詳細は下記のバナーをクリックし、サービスホームページよりお問い合わせください。

おすすめの記事