他の歯科でメタルボンドを薦められた方へ(メタルボンドの諸注意)

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドは銀歯の上に本物の歯のように見える装飾のされた義歯の事を言います。 このメタルボンドで最も重要なのは見た目のキレイさもありますが、実は金属に何を使用するか ということを最も気にして頂きたいと思います。  最も一般的に使用されているのがニッケルです。ニッケルは最も安い金属であるからコスト削減 のために使用される事が多いです。しかしながら、ニッケルはあまりお勧めは致しません。 なぜならば、金属アレルギーのリスクを考えると完全にそのリスクをなくせるわけではないからです。

安心なメタルボンドに

1本のメタルボンドを製作するために最小3g、最大7g程度の金属を使用します。 最も安全性の高い金属を使用してメタルボンドを製作しようとすると、最小金属使用で Goldを製作しても、メタルボンドフルベーグを製作する場合19800円+4200×3=32400円と なってしまいます。パラジウムにランクを落とせば随分と安くはなるのですが、パラジウムも 金属アレルギーの観点から考えれば安心とは言い切れません。現在、歯科技工、歯科医療の 分野で本当に安心出来る金属というのはGoldのみと言い切っても過言ではありません。Goldを使用していれば、歯茎なども黒ずむことはありません。しかしながら義歯1本に対して32400円もお金を出すのであれば本当の安全という観点からはオールセラミックであるZirconia、IPS e.maxが良いと言えるでしょう。