メタルボンドとは、金属のフレームの上にセラミックを盛り付けて本物の歯のように見えるように装飾された義歯の事を言います。

10年ほど前にはセラミック治療の代表的な素材とでしたが、ジルコニアなどオールセラミックでも充分硬いものが台頭してきたため、金額以外にメタルボンドのメリットがなくなりました。
そしてオールセラミック自体の金額が随分と下がってきたため、金額もメリットとは言えなくなってきている現状です。
今はメタルボンドではなくオールセラミックが主流となってきています。理由もなく医院でメタルボンドを勧められた方はよく調べたほうが良いかもしれません。この記事ではメタルボンドとは何かを詳しくご説明いたします。

 

メタルボンドとは


図のようにメタルボンドは削ったご自身の歯に触れるところに金属を使用し、その上にセラミックを盛り付け審美性を高めています。
メタルボンドにはいくつか別の呼称がありメタルセラミッククラウンやセラミックポーセレン、セラミッククラウンと呼ばれることもあります。
審美性的な見栄えでもオールセラミックと比べると劣り、今となっては価格的に若干安い程度のものになっております。

メタルボンドのデメリット

メタルボンドにはデメリットが多いため、特別なケースではない限りオススメはいたしません。

金属アレルギー


金属にアレルギーがある方には、装着することによって皮膚に症状が現れます。直接触れている歯(口腔内)だけでなく、水疱が手や足にできる場合もあります。
必ず症状がでるというわけではないですが、心配な方は避けたほうが良いと考えます。
金属アレルギーを避けどうしてもメタルボンドを使用したい場合は、中に使用する金属を「金(Gold)」にする以外方法はございませんが、かなり高価になります。

見た目の悪影響

歯の表面から金属が透けて見えてしまうため、透明感と明るさがやや劣り、光を当てた際に黒く影が見えることがあります。オールセラミックではありえない事で、審美性が違ってくるのが当然です。

また裏打ちが金属なので、加齢に伴い歯肉が痩せた場合には歯の根元部分の金属が露出し黒く見えてくることもあります。

装着している歯と歯茎の境目が黒くなる原因のひとつも金属なんです。

メタルボンドを進められて心配な方へ

医師にメタルボンドを薦められて、心配になりこのページをお読みになっている方も多くいるかと思います。
医師が「メタルボンドの方が良い、メタルボンドでないとできない。」そんな風に言われたら「金属を使用していない歯にしたいのに」と思っていても出来ませんよね。

確かに実際にメタルボンドでないと治療に使用できない事例もあることは事実です。

その診断が確かなものであればメタルボンドしか選択肢はないですが、今のオールセラミックの技術であればメタルボンドでなくてもできる治療が多くなってきています。

メタルボンドでないとできない症例の一例〜

  • 奥歯などで歯がかなり削れていて低く、被せ物に厚みを持たせられない場合。
  • 多数の連結した歯(ロングブリッジ)の場合

※上記以外にもメタルボンドを選択する場合はございます。

医師の経験や技術により見解は変わるものなので、本当にメタルボンドでしか治療できないのか確かめるためにも当サービスを

メタルボンドじゃなくてオールセラミックにしたいという方へ

もし、メタルボンドを勧められたけど、本当はオールセラミックにしたいということがあれば当サービスにご相談ください。
当社であればオールセラミックのIPS e.maxが47,000円、ジルコニアが50,000円から治療が可能で、他院でのメタルボンドに近い金額で治療が可能です。
カウンセリングをさせて頂き、メタルボンドが適しているのかオールセラミックが適しているのかご判断をさせていただきます。
ただし、やはりメタルボンドが適しているという診断となる場合もございますので予めご了承ください。

サービスの詳細は下記のバナーをクリックし、サービスホームページよりお問い合わせください。

おすすめの記事