オールセラミックは人工の歯のため、自由に好きな色を選ぶ事が出来ます。
通常は自身の歯に近い色や少し白くする事がほとんどですが、芸能人やモデル並みに白くしたいという要望を叶えるために、特別色も材料としてご用意がございます。

それがノリタケというメーカーから出ているEWシリーズです。
他のメーカーでは松風W0・W1やVITAのM1などに非常に近い色になります。

この歯であれば歯の白さが一目瞭然です。また、ホワイトニングでかなり白くした方で歯並びを治したい方の要望に応えることも出来ます。

色の決定方法


歯の白さはシェードガイドという色のガイドを使用し決定致します。
一般的には世界基準のVITAガイドを使用し、その中でご自身に合った色を選びます。
一般シェードでも白い色はございますが、モデルや芸能人の様に歯に注目されるくらい白い歯を求める場合にはそれ以上の白さが必要です。
それには世界標準の色でなく、歯科の材料メーカーが用意している特別な色を選びます。
Japan Dental Frontierではノリタケというメーカーの『EWシリーズ』をご用意しております。

ノリタケEWシリーズとは


「クレラノリタケデンタル」という会社が生産している歯科材料になります。
あのセラミックのお皿でも有名な「ノリタケ」の歯科部門なだけあって、焼き物のプロフェッショナルというわけですね。
もちろんオールセラミックです。

ノリタケシリーズの作り方


通常のジルコニア同様にジルコニアフレームの上にEWシリーズの陶材を盛り付ける、レイヤリング法にて作成をします。
そのため、ジルコニアの強度を持ちながらEWシリーズの白さを堪能していただくことが出来ます。

白さの順番


EWY→EW→EW0→EW00 という順番で白くなってなっていききます。

EWY・・・通常シェードのB1より少し明るく、EWシリーズの中では黄みがあるのでかつ肌に馴染みやすい色になっており、少し冒険したい方にも受け入れやすい色となります。
EW・・・EWYから黄みを取り除いたような色のため、純白に近い色になってきます。白いという印象を与えることが出来ます。
EW0/EW00・・・この色より白くなると、良くも悪くも人工物の色になっていきます。ただし、圧倒的に白くなるため歯をとにかくキレイに見せたいという方にはオススメです。

身近にある近い色

EWシリーズはかなり白いため色のイメージがつきにくいとよく言われます。
どのくらい白いの?という疑問を鶏血するために、身近にある物で近い色を探しました。

消しゴム


市販されているMONO消しゴムはEW〜EW0くらいの白さがあります。
もちろん消しゴムと違って透明感や光沢があるのでEWのほうが圧倒的にキレイです。

リップクリームのキャップ


市販されているリップクリームのキャップはEW0〜EW00くらいの白さになっています。
当然、透明感があるEWのほうがキレイですけども。

特別色でも低価格でおすすめです

一般的には特別色は高額になりがちですが、当社では価格を抑えて提供しております。
単冠 60,000円
ブリッジ・連冠 63,000円

どのくらいの色化か心配な方も、シェードガイドのサンプルを御覧いただけるのでお気軽にお尋ねください。

詳しくは下記のバナーをクリックし、サービスホームページを見てくださいね。

おすすめの記事