歯科製品と自費診療

歯科の治療を調べている方は「たくさん種類があるのだろうな」と思われているかもしれませんが、実は歯科製品の種類はそんなに多くありません。治療法法も多くあるように見えますが、全くそんな事はありません。

例えば、とある医院に「スーパーセラミック」という製品があったとしても、これは1つの商品名であり歯科医師やその歯科医院が自由につけている名称です。
実際のところそれは大枠でメタルボンドと言われる治療であったりします。
歯科の製品で気をつけるべき事は、歯科医院や歯科医師が自由につけている製品名のその実際はどんなものなのかということです。

弊社ではわかり辛い製品名や造語を作るようなことは致しません。標準的な歯科の言葉を使い、一般的な名称やメーカーの製品名にてご説明を致します。

メタルボンド


メタルボンドは過去に審美歯科、審美治療の代表的であった製品です。金属の上に陶器などに使われる素材(セラミック)を重ねているため、比較的本物の歯に見栄えが近いのですが、金属を使うため歯茎が黒ずみや、金属アレルギーの懸念がございます。また、金属が黒く透けてしまうこともありトータルの審美性ではオールセラミックのタイプに比べて劣ります。 そういった理由から少しづつ利用が減ってきており、その役目はオールセラミックに移行しつつあります。とはいえ、メタルボンドでないとやむを得ない治療もございます。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(プラスチック)を混ぜた素材となります。中は金属製の物もあればそうでないものもあります。 保険のプラスチックとセラミックの中間くらいの製品で、値段もそこそこ安く、そこそこキレイです。 しかしながら、保険のプラスチックに比べると程度は低いのですが、やはり変色します。自費診療をせっかく受けるのであればメリットをあまり感じられない製品ですので、弊社でも取り扱いはあるものの人気は高くありません。

オールセラミック

全てセラミックで出来ており、金属を使用しておりません。そのため天然の歯のような自然のな透明感やグラデーションがございます。綺麗な歯を作成でき、かつメタルボンドで起きた黒ずみやアレルギーなどのデメリットはございません。また、素材そのものが変色することもございません。(オールセラミックも歯磨きなどのメンテナンスをしないと表面に汚れは着色します。) オールセラミックであれば歯並び、色、形の3つの要素を治すことができます。

IPS e.max

アイピーエス・イーマックスと読み、こちらはイボクラールというメーカーが出している、製品名になります。最新のCAD/CAMというコンピューターにて一部を作成し、最終仕上げを技工士が行うため、コストを下げつつも審美的に非常にキレイに製作することが可能です。特に透明感やグラデーションは抜群によく、ほとんどの方にご満足いただける審美治療を行うことが可能です。 他のメーカーにも同等のクラスの製品が存在いたしますが、世界的に多く使われているため、その信頼度から弊社ではIPSe.maxを選んでおります。

ジルコニア

ジルコニア自体は素材の名前で、人工ダイヤモンドにも使用されております。強度があり主に奥歯(臼歯:きゅうし)部分の他、前歯でも連結感に使用します。ジルコニア単体では透明感が低いので、単体で使用するとグラデーションのないのっぺりとした質感となります。そのため、審美治療で作成する際には別のセラミックを盛り付け、透明感を出し、自然な質感に致します。 IPS e.maxと比べて透明感は多少弱いですが、審美的にはほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。その分強度が高いので、噛み込みが強い方には前歯であっても非常におすすめです。弊社では日本で最初に認可されたセルコン製のジルコニアを使用し、上に別のセラミックを盛り付ける場合はIPS e.maxを使用いたします。最終仕上げは技工士が手作業で行います。

削り出しのオールセラミック

オールセラミック製品の中でも、審美的に一番下にランクされるのが削り出しによるものです。削り出しの歯はセラミックの塊から、コンピューターなどで削り出しをするため、素材が単一のものになります。そのためグラデーションや透明感は皆無に等しく、ただ白いだけの不自然な歯になりがちです。特に医院にてコンピュータースキャンし、その場で削ってできるものは前歯に使うには耐えがたい見た目で、見えにくい奥歯であってもまあまあと言わざるを得ないものになります。
費用も弊社の綺麗なオールセラミックを大きく変わるわけではないため、お勧めはしておらず、そのため取り扱いはしておりません。 とりあえずの選択肢としては悪くはないと思います。